2017年05月17日

オーバーホール

今日はめずらしくヘッドの分解掃除を立て続けに2台。1台はLOOKのロードバイクで、通常のオーバーホール。クランクセットはカンパのウルトラトルクで、ベアリングはカップの中だから圧入式よりはメンテの回数は少なくて済むけど、でもこのように根元の部分はどうしても汚れてしまいます。こちらのバイクはおそらく雨天の場合は乗られていないのでしょう。比較的汚れは少ないほうですね。でも、雨中走行多い場合はアウターレースが錆びたり、ケアが行き届いていないとインナーレースの回転にも支障が出たりするので定期的なメンテは必須です。

ヘッドもこういうふうにシールドでも意外と汚れるものです。クラウンもけっこう汚れている。でもこの程度だったらパーツクリーナーでクリーニングするだけでOK。もう1台のほうはG社のクロスバイク。わけあって本国で購入されたのだそうです。分解掃除となった原因はハンドルを回した時に発生する異音。症状からあきらかにヘッドセットが原因。フォークを回転させた時だけ「キュッキュッ」という音がします。

ヘッドからこんなにはっきり異音が聞こえるのは初めての経験。ちょっと動かしただけで「キュッ」。とりあえずトップキャップを外してコラム内を見てみる。固定方法はスターナット式。おやっ、なぜかアルミの切りくずが付着している。打ち込むだけなら切りくずなんて出ないはずなのに、不思議だ。完成車でコラム内に切りくずを見たのもはじめての経験です。輸出車と国内販売は生産過程が違うのだろうか。

で、通常はヘッドには使わないシリコンのルブリカントをダストシールにシュシュッとひと吹き。トップカバーと分離していないタイプだったので(外すことはできる)、なんとなくその辺が怪しいと思って試したら一発で解決。よかった、まずはひと安心。

とりあえず、何事もなく作業を終えたわけですが、今回はちょっとイレギュラーなやり方での作業でした。普通ならフォークを抜いて行う作業を、今回はサイコンのコードがリア側のシフトのほうに巻かれていたのでフォークを抜くこともできず、自前のフォーク脱落クランプで固定しながら作業しました。フォークの重みでコードを切らないように注意しての作業は1人でやるのは時間が掛かりますね(手が8本くらい欲しい^^)。ハンドルは作業台にバンドで固定してるからそちらのほうは大丈夫ですが・・。ケーブルを交換しない場合はヘッド周りの作業が一番神経使うかもしれない。

そうそう、フレームから組む時以外はあまり使わないフォーク脱落クランプですが、もしもご自分で一から組み立てする場合は1個用意しておくと何かと重宝します。何のクランプを流用しているかというと、写真を見ると一目瞭然。これはシートポストに装着するリフレクターのクランプです。店長は1インチ用とOS用をいくつか準備しています。先日入荷したフレームが1台組立てを待ってますが、フォークとヘッドセットを装着したらこのクランプが必須。自分でフレームから組んだことがある方ならわかりますよね。
posted by attic at 23:58| - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする